ジュエリー・オブ・テラー

知っていると楽しい宝石の「和名」

宝石には、ダイヤモンドやルビー・サファイアなどたいてい外国語の名前が付けられています。しかし、宝石には日本語の「和名」があることをご存知でしょうか。 例えば、ダイヤモンドは和名では「金剛石」といいます。「金剛」とは仏教用語でもっとも硬い金属を示す言葉といわれ、転じてダイヤモンドのことを指すようになったと言われています。 ルビーは和名で「紅玉(こうぎょく)」、サファイアは「蒼玉(そうぎょく)」と呼ばれ、どちらも「鋼玉(こうぎょく)」と呼ばれるコランダムの一種です。宝石の和名にはルビーやサファイアのように、宝石の色の和名に「玉(ぎょく)」をつけたものが多くあります。エメラルドは「翠玉」、トパーズは「黄玉」、アクアマリンは「藍玉」と呼ばれます。 また、オパールの「蛋白石」やトルマリンの「電気石」などのような名前が付けられたものもあります。これらは主に宝石としての名前ではなく、鉱物名として呼ばれているところから来ています。